青汁はなぜ体に良いのか

厚生労働省が推奨する野菜の摂取量の目安は1日350gです。しかし報告では20代から40代にかけては100g近くも野菜が不足していると言われています。野菜不足を補うために、健康の為の青汁を摂取しなければならないと感じている人も多いですが、では青汁が体に良いと言えるどんな理由があるのでしょうか?

青汁の中に含まれている野菜の代表的な物には明日葉、ケール、大麦若葉などです。普通のスーパーなどではなかなか売っていないこうした栄養価の高い野菜を原材料にしているので健康に良いと言えます。

それで、青汁には、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。例えば青汁に含まれる栄養素の食物繊維、カリウム、カルコンなどは体内の毒素を排出するいわゆるデトックス効果があります。

食物繊維には、便秘解消の効果もあります。腸内がきれいになれば悪玉菌による毒素の発生が抑制されます。便秘解消は、肌トラブルの解消にも関係します。便秘で体内に有毒物質が溜まれば、それらは血液中に染み出ていき、最終的には肌にまで到達し、汗や皮脂と一緒に毛穴から出てくるので肌トラブルが起きます。青汁を飲んで便秘が解消できれば、きれいなお肌も維持できます。

さらに青汁にはダイエット効果も期待できます。明日葉の青汁に含まれるカルコンという栄養素は、セルライトを燃焼する働きがあるからです。青汁の持つ便秘解消効果と合わさり、ダイエットにも青汁は効果があるのです。

また青汁に含まれるカリウムには、利尿作用がありむくみ改善効果も期待できます。青汁の原材料やそれに含まれる栄養素とその効果を考えてみるとき、青汁が以下に健康に良いかが分かります。野菜不足を補うためだけでなく、健康的な毎日を意識して青汁を摂取するのはどうでしょうか。

Copyright © 青汁が体に良い理由とは. All rights reserved.